大倉陶園を買取してもらうならどこがいい?買取価格はどのくらい?

大倉陶園を買取してもらうならどこがいい?買取価格はどのくらい?

大倉陶園は、横浜に本社を置く日本の陶磁器メーカーです。

 

親会社のノリタケカンパニーリミテドで森村グループの一員でもあります。

 

「良きが上にも良きものを」という大倉孫兵衛・和親父子の理念のもと1919に創業しました。

 

大倉陶園では、日本で従来からあった伝統的な呉須の染付や、ヨーロッパから取り入れた各種技法を用いて

 

日常品というよりはむしろ鑑賞価値の高い高級磁器を製造することを得意としています。

 

大倉陶園の最大の特徴は色の白さにあり、「セーブルのブルー、オークラのホワイト」という言葉で世界中から称賛されています。

 

ブランド食器にそれほど興味のない人でも大倉陶園とノリタケは知っていると言えるくらい日本の食器ブランドでは知名度が高いブランドです。

 

そんな大倉陶園の食器は、贈答品や引き出物などでも選ばれるブランドのひとつなので大倉陶園の食器を持っている方もいますよね。

 

貰ったものの、高級すぎて使わずに箱のまましまっている方も少なくないと思います。

 

使う予定がない食器はそのまましまって置いては価値が下がってしまうので思い切って売ってみるのもおすすめです。

 

ここでは、大倉陶園のおすすめの買取店などを紹介しているので参考にしてみてくださいね。

 

大倉陶園の食器について

大倉陶園のシリーズは、濃紺から薄い青までの深みのあるブルーが特徴の「ブルーローズ」や大倉陶園のロングセラーシリーズの「金蝕バラ」白磁の金で縁取られたシンプルなデザインの「ゴールドライン」などが代表作になっています。

 

その他にも「呉須正倉院」「瑠璃片葉金蝕」「片葉金蝕」「マロン金盛」「小花」「加山又造 春夏秋冬」「岡染ぼたん」「桜」「ロイヤルローズ」「メイグリーン」「アレキサンドリーヌ」「墨彩椿」「バラの実」「フェアリーシリーズ」「ナポレオン」「リミテッドエディション」などなど多くのラインナップが揃っています。

 

ピーターパンとティンカーベルをデザインにしたティーカップも存在しますが、希少価値が高いかなりレアな食器になっています。

 

大倉陶園には、干支プレートの飾り皿がありますがこの干支シリーズは、コレクターも多く人気になっています。

 

大倉陶園は、皇后さまをはじめ皇室でも多く愛用されていて、日本の迎賓館などの公式の場へも納品されています。

 

TBS開局55周年を記念したテレビドラマ「華麗なる一族」でも万俵家のイニシャル「M」をあしらった大倉陶園の食器が使われていました。

 

食器の他にも、大倉陶園の花瓶等のインテリアは日本人に好まれる染付のデザインをはじめ金蝕や手描きなど大倉陶園の技法を施したものがあり人気が高くなっています。

 

大倉陶園ファンで有名な黒柳徹子さんがお母様のために分骨用の骨壷を特注されたという話も有名です。

 

大倉陶園の買取価格はどのくらい?

そんな大倉陶園の食器買取価格はどの程度なのでしょうか。

 

大倉陶園の買取相場を何点かまとめてみました。

【商品名】

【買取価格】

大倉陶園 ブルーローズ ポット

25,000円

ブルーローズ 金彩 カップ&ソーサー 6客セット

9,000円

大倉陶園 ブルーインペリアル ティーセット

50,000円

大倉陶園 呉須正倉院 ディナーセット

105,000円

大倉陶園 マロン金盛 カップ&ソーサー

7,000円

瑠璃片葉 金蝕 スーププレート 4枚セット

15,000円

アレキサンドリーヌ  25cmプレート 6枚セット

18,000円

大倉陶園 オールド大倉 ティーセット

140,000円

※ここで紹介している買取価格は日々変動しているのであくまで参考価格になります。

 

大倉陶園は金彩を施した陶磁器がありますが金彩が鮮やかなで細かなものになればなるほど程、買取価格は高くなっています。

 

大倉陶園は特にティーセットが人気になっていますが定価では高く購入できない方も多くいます。

 

そういった理由から中古でも欲しい方は多くいるので買取店でも需要が高くなっています。

 

ブルーローズやブルーインペリアルなどの食器は特に人気が高いシリーズなので高価格が期待できます。

 

ブルーローズは薔薇が手書きのものとプリントがありますが、手書きのものの方がより高価格で買い取ってもらえます。

 

その他にも、ゴールドラインや金蝕バラ、片葉金蝕といったシリーズも人気が高くなっているので高価格で取り引きされています。

 

1942年以前の食器はオーダーメイドのものがほとんどで一般的に手にすることが出来ない食器になっています。

 

初期の食器は、オールド大倉と呼ばれていて希少価値が高いので高価格で取り引きされています。

 

大倉陶園はアウトレット品もありますが、アウトレット品の場合は買取価格は下がってしまいます。

 

また大倉陶園では、コレクターズクラブに入会すると限定記念品の食器やメンバーだけが手に入れることのできる商品などが存在しています。

 

こういった会員にならないと買えないような限定品も希少価値が高くなっているので、高価格で買い取ってもらえます。

 

大倉陶園のようなブランド食器は特に、新品の食器や箱や付属品が全て揃っているものやセットものならセットが欠けていないものなどは高価買取してもらえます。

 

中古の食器でも、査定に出す前に、汚れなどを落としておくことで査定金額に差が出てくるので出来るだけ綺麗にしておくことも重要です。

 

ただ、オールド大倉のような古い食器は割れやすくなっているので注意が必要です。

 

せっかく高価格で売れる食器も、無理に汚れを落とそうとして割れてしまうと価値がなくなってしまうので、アンティーク品の食器の場合は、あまり無理して汚れを落とそうとしない方が良さそうです。

 

持て余してしまっている大倉陶園の食器がある方は、価値が高いうちに早めに買い取ってもらうことをオススメします。

 

大倉陶園の食器買取なら無店舗型がオススメ

高級食器ブランドの大倉陶園の食器を買い取ってもらおうと思ったら買取店選びも重要なポイントになります。

 

リサイクルショップなどでも食器の買取は行っていますがおすすめは出来ません。

 

リサイクルショップなどでは商品ジャンルが幅広く、食器専門に買い取っている訳ではないので高価格は期待できません。

 

また、地域によっても需要のありなしがあるのでどうしても無難な価格で買い取られてしまいます。

 

その他にも、リサイクルショップなどでは基本的に贈答品用の箱に入っている新品のブランド食器しか買い取ってもらえないところがほとんどになっています。

 

箱を失くしてしまったもの、箱に入っていてもセットが欠けているものなどは買取不可になる可能性が高いです。

 

また使用済みの食器などは、どこの買取店でも買取出来ないところがほとんどです。

 

大倉陶園は人気ブランドなのでオークションなどでも数多く出品されています。

 

ヤフオクなどのオークションで売る方法もありますが、出品してからすぐ売れるものでもないのですぐに売り切りたい方には向いていません。

 

少しでも高く、もっと手軽に売りたいと思ったらネットの宅配買取で買取してもらうのが一番です。

 

宅配買取の中でも特におすすめなのが無店舗型の買取店になります。

 

リサイクルショップや他の買取店などもありますが、そういった実店舗を持っている買取店の場合は家賃や人件費などどうしても掛かってきてしまいます。

 

その点、無店舗型は店舗を持っていないので、家賃や人件費などのコストカットが出来ています。

 

コストカット出来た分、買取の価格に反映できるので実店舗ではなかなか出来ないような高額の買取を実現出来るようになっています。

 

また、ネットだからこその幅広い販売経路を持っているので、リサイクルショップなどでは断られてしまうような、使用済みの食器や箱ナシのもの、セットの不揃いといった食器でも買取可能になっています。

 

大倉陶園などの高級ブランド食器を少しでも高く売ろうと思ったら無店舗型のネット買取を利用して買い取ってもらうことをおすすめします。

 

基本的に対面で自宅に訪問してくれる出張買取が無難ですが自宅に来てもらうのはちょっと・・・と言った人には宅配買取もおすすめです。

 

宅配買取で食器など大量に売ろうと思ったら重さも出てくるので送料が心配になる方もいると思いますがネットの宅配買取ではほとんどの業者で、送料も負担してくれるので心配もいりません。

 

送る際の梱包材料も無料でもらえるので、届いたダンボールに詰めて送るだけで買取に掛かる費用は一切掛からずに手軽に食器の買取査定が行う事が出来ますよ。

 

⇒ 人気の食器買取店紹介へ