唐津焼買取はどこが高い?買取価格はどの位?

唐津焼買取はどこが高い?買取価格はどの位?

唐津焼の起源は諸説ありますが、室町時代末から桃山時代にかけて、岸岳城城主波多氏の領地で焼かれたことが始まりとされています。

 

その後、豊臣秀吉による朝鮮出兵の際に朝鮮陶工を連れて帰り、その陶工たちが各地で窯場をつくり、焼き始めたことで唐津焼の生産量は拡大していったと言われています。

 

登り窯や、蹴ロクロ、釉薬法など、朝鮮渡来の技術の導入によって作風や種類も豊かになり、全国に流通したことで唐津焼は日本を代表する焼物となり西日本では焼物のことを「からつもの」と呼ぶほどまでに有名になりました。

 

唐津焼の中でも慶長(1596〜1615)から元和(1615〜1624)ごろに焼かれたものは古唐津焼と呼ばれています。

 

昔から「一楽二萩三唐津」と言われるほど名高い陶器で日本の伝統工芸品に指定されています。

 

そんな日本伝統の唐津焼が好きで昔集めていたけど今は部屋の隅にしまっていてはもったいないです。

 

使う予定のない食器はしまっておかずに価値の下がらないうちに買取してもらう事をおすすめします。

 

ここでは、唐津焼を買い取ってもらえるおすすめの買取店などを紹介しているので参考にしてみてくださいね。

 

唐津焼について

昔から東は「セトモノ」西は「カラツモノ」といわれ日本を二分するほどのやきもの産地として名を馳せました。

 

唐津焼では、粗い薄茶色の素地に、草花や動物、文様などをシンプルに描いた絵唐津が代表的になっています。

 

唐津焼の種類は、「朝鮮唐津」「瀬戸唐津」「粉引唐津」「黄唐津」「無地唐」「三島唐津」「絵唐津」「奥高麗」「斑唐津」「彫唐津」「黒唐津」などがあります。

 

作家の中でも、十四代中里太郎右衛門や中里隆、中里重利、中里花子、中里太亀、岡本作礼、丸田宗彦、梶原靖元、熊本千治、村山健太郎、熊本千治、内村慎太郎などの作品は特に人気になっています。

唐津焼の買取価格はどのくらい?

様々な種類がある唐津焼ですが、買取価格はどの程度なのでしょうか。

 

唐津焼の食器の買取相場を一部ですが何点かまとめてみました。

【商品名】

【買取価格】

小島喜昭 絵唐津柿の蔕向付(鉢)6客セット

25,000円

三玄窯 煎茶碗 3客

26,000円

13代目 中里太郎右衛門 葉文角皿2枚

5,000円

絵唐津 草花文 カップ&ソーサー

4,000円

絵唐津 西岡小十 茶碗

15,000円

※ここで紹介している買取価格は日々変動しているのであくまで参考価格になります。

 

唐津焼の場合は、絵付けや色が美しいがどうかや繊細さが買取価格にも影響してきます。

 

中でも光沢のあるものは特に人気が高くなっています。

 

唐津焼の中でも古唐津焼などの年代の古いものは特に高価買取の可能性があります。

 

また年代ものにかかわらず、有名窯元や有名作家の作品は高価格で取引されています。

 

例えば、第5回アジア工芸展にて文部大臣賞受賞している14代中里太郎右衛門などの有名作家の作品などは人気なので高価格が付きやすいです。

 

その他にも、唐津焼の人間国宝である12代中里太郎右衛門の作品なども高価買取で取り引きされています。

 

唐津焼などの焼き物は、元箱、共布、真贋が確認できる鑑定書などの付属品が全て揃っているとより高価格が臨めます。

 

保存状態が良いかどうかも査定のポイントで、ヒビや欠け、割れがある場合は評価が下がってしまうので普段から大切に保管しておくことも重要です。

 

唐津焼買取はどうするのが最適か?

唐津焼などの日本伝統の焼き物を売ろうと少しでも高価格で売りたいですよね。

 

少しでも高価格で売りたいと思ったら買取店選びも重要になります。

 

こういった食器はリサイクルショップなどに持って行って買い取ってもらう方法もありますがおすすめは出来ません。

 

唐津焼などの食器などは、ものによってはかなり高額の食器もありますよね。

 

リサイクルショップはジャンルが幅広い分、食器に特化していないので、査定してくれるのは普通の店員さんです。

 

いくら良いものを持って行ったとしても価値が分からず安く買い取られてしまう場合も多いです。

 

また、古いものになるとひび割れや汚れてしまっている食器などもあると思いますが、そういった食器は買い取っても売れないのでリサイクルショップでは買取はしてもらえませんので注意してください。

 

高く売る方法のひとつとしてヤフオクなどのオークションなどに出品する方法もあります。

 

唐津焼といっても種類や作家さんによっても価値が変わってきますが、有名作家や人気の唐津焼なら欲しくて探している人もいるので、リサイクルショップなどで売るよりも遥かに高く売れます。

 

ただ、オークションは個人売買なので中にはクレームを付けてきたり、落札だけしてお金を払ってくれずにそのまま放置されてしまって、結局やり直しなんてことも実際にあります。

 

そういったリスクも少なからずあるのであまりおすすめは出来ません。

 

上記を踏まえて唐津焼などの食器を出来るだけ高く売りたいと思ったら専門店に買い取ってもらうのが一番高価格で売れる方法です。

 

ただ、専門店が近くにある方なら良いですがそんな都合よくあるとは限りません。そんな時に便利なのがネットの宅配買取です。

 

宅配買取の中でも特におすすめなのが年間買取実績No1でリピーター率も90%以上の福ちゃんです。

 

福ちゃんでは唐津焼などの和食器や骨董品などを得意としているのでしっかり価値を見極めてもらえます。

 

専門の鑑定士に一点一点丁寧に査定してもらえるので思わぬ高価買取が期待できます。

 

また、唐津焼などの焼き物以外にもブランド食器やノーブランドの食器も一緒に買取可能なのでいらない食器がたくさんある時にも便利ですよ。

 

もちろん一点からでも買取可能なので、使っていない食器などがある方は、高価買取が期待出来る福ちゃんを利用してみてはいかがでしょうか?