九谷焼買取はどこが高い?買取価格は?

九谷焼買取はどこが高い?買取価格はどのくらい?

九谷焼は、石川県南部の金沢市、小松市、加賀市、能美市で生産される色絵の磁器のことを指します。

 

九谷焼の歴史は、1655年から始まりで大聖寺藩を治めていた初代藩主の前田利治の元で作られていました。

 

鉱山開発の最中に、領内の九谷村で磁器の原料となる陶石が発見されたことがきっかけとなり、伊万里焼で有名な有田の技術を導入して磁器の生産を始めています。

 

しかし、100年たらずで突然生産が終わってしまいます。原因はいまだ謎のままですが、この間に焼かれたものを古九谷と呼んでいます。

 

江戸時代後期は、古九谷の制作中止以来途絶えていた九谷焼の制作が復活し、この時代に生まれた九谷焼を「再興九谷」と呼んでいます。

 

そんな歴史のある九谷焼は、宮内庁の贈答品として使用されたり、英国チャールズ皇太子成婚祝としても献上されています。

 

外国の著名人たちにも愛用者が多く、今では日本の美として親しまれています。

 

九谷焼などの食器が好きでコレクションしている方もいると思いますが、あまり使っていないでしまいっぱなしのものはありませんか?

 

そういった九谷焼の食器がある方は、しまって置かないで必要がなくなったのであれば価値が高いうちに買取してもらう事をおすすめします。

 

ここでは、九谷焼のおすすめの買取について紹介しているので参考にしてくださいね。

 

九谷焼について

九谷焼は、陶器も磁器も両方あり、上絵付けを九谷でしたものを九谷焼としています。

 

九谷五彩(赤・黄・緑・紫・紺青)を基調とし、緑と黄、紫が主体となって展開し、その沈んだ色彩の重なりによって生まれた色彩の深みが、重厚な味わいをかもし出します。

 

九谷焼のデザインは「古九谷風」「木米風」「吉田屋風」「飯田屋風」「永楽風」「庄三風」「彩釉」「釉裏金彩」「青粒」「銀彩」「染付け」「虚空蔵窯」などがあります。

 

九谷焼は、新しい窯元の誕生や現代的な作家さんの作品により、伝統工芸の良い部分を残しつつ普段使いできる可愛い食器として進化しています。

 

となりのトトロやハローキティ、ドラえもん、サザエさん、ウルトラマン、ゴジラなどとコラボした食器もあり若い世代からも人気が出てきており、買取需要も高い焼き物となっています。

 

九谷焼の買取価格はどのくらい?

さて、中古市場でも人気が再燃している九谷焼ですが、買取価格はどの程度なのでしょうか。

 

九谷焼の食器の買取相場を一部ですが何点かまとめてみました。

【商品名】

【買取価格】

中田錦玉作 赤絵金襴手賢人図大鉢

11,000円

2代徳田八十吉 深厚耀変 茶碗

7,500円

九谷焼 ドラえもん 豆皿 全5種セット

15,000円

山本長左 染色宝祥芙蓉手花鳥文 盛皿

20,000円

福島武山 秀逸作 九谷焼赤絵小紋手杯

50,000円

※ここで紹介している買取価格は日々変動しているのであくまで参考価格になります。

 

九谷焼の中でも古九谷焼と呼ばれるものは希少価値が高くなっているので高値が付いています。

 

古九谷焼は、青や緑、黄色、このような濃色が多く使用してあり、色使いが非常に華麗な物になっています。

 

その他にも、人間国宝に選ばれた徳田八十吉や吉田美統のものは特に高価買取で取引されています。

 

徳田八十吉の九谷焼きは、従来の九谷焼のような絵柄ではなく、色の配色のみで作品を仕上げてるのが大きな特徴になっています。

 

吉田美統は、金箔の薄箔、厚箔を使い遠近感を出す手法が特徴で、その技術は釉裏金彩と言われていて吉田美統はその第一人者です。

 

人間国宝になった作家さん以外にも有名作家や有名釜の九谷焼きなども高価買取が期待できます。

 

九谷焼は、食器の他にも置物も人気で、縁起がいいフクロウや馬の置物や猫招きなどは特に高価買取してもらえます。

 

その他にもジブリやアニメなどとコラボした作品も人気になっています。

 

また、元箱、共布、真贋が確認できる鑑定書などの付属品が揃っているとより高額が臨めます。

 

特に有名作家の作品には贋作も多く出回っているので鑑定書のありなしでも価格が変わってきてしまいます。

 

九谷焼の食器買取はどうすれば最適?

日本伝統の焼き物、九谷焼などを高価格でかいとってもらうためには、買取店選びも重要になります。

 

全国展開している大手のリサイクルショップなどでも九谷焼の食器は買取してもらえます。

 

リサイクルショップは何でも買い取ってもらえて便利なのですが、九谷焼などの焼き物や骨董品の買取には向いていません。

 

リサイクルショップは買取ジャンルが幅広いので、食器専門の鑑定士がいる訳でもなく査定してくれるのは一般の店員さんです。

 

九谷焼の食器などは、価値が分からない人から見たら良いものでも、ただの食器にしか見えないので安く買い取られてしまう場合も多いです、

 

こういった日本伝統の食器は、専門の鑑定士がいる買取店に持って行かないと高価格は臨めません。

 

買取店以外にもオークションで売る方法もあります。

 

ヤフオクなど誰もが知っているオークションなら、色々な人が見ているので九谷焼の食器を探している人もいます。

 

少々高くても欲しい人は買うのでヤフオクなどに出品すれば、高価格で売れる可能性もあります。

 

ただ、本物かどうか分かる鑑定書などがないと、偽物を買わされたなど後々トラブルになってしまう場合もあるので本物かどうか分からないような場合はオークションなどで売るのは避けないと大変なことになってしまいます。

 

また、実際に本物であったとしても色々な行き違いや不当な言い掛かりをつけられてトラブルになる事象も実際には起こっているのでそういったリスクも考慮して個人売買に臨む必要があります。

 

上記の事も踏まえると九谷焼は骨董品などを扱う専門の鑑定士がいる買取店で買い取ってもらうのが一番高く対価に見合った価格で売れる方法です。

 

家の近くに食器買取専門店がない方におすすめなのが食器買取専門店の【福ちゃん】です。

 

必要のない九谷焼を持っているけど自分では価値が分からず困っていたって方でも福ちゃんなら専門の鑑定士も在籍しているので一点一点しっかり価値を見極めてもらえるので安心して買い取ってもらえます。

 

食器買取店の中でも福ちゃんは、年間買取実績も1万件以上あり、リピーター率も90%以上と高くなっています。

 

ネットで申し込みを行い訪問してもらう出張買取が無難ですが、あまり自宅まで来てほしくないな・・・と言った人には宅配買取にも対応しているのでオススメです。

 

また宅配買取の場合梱包する資材や送料、振り込み手数料などが一切掛からず買取に掛かる費用は完全に無料です。

 

どうしても査定額に納得が行かなかった場合の返送料金やキャンセル料金も一切掛からないのも福ちゃんの強みです。価値を知るためにも買取を依頼するのに特におすすめ出来る食器買取専門店です。

 

⇒ 食器買取ランキングへ