エルメスの食器買取はどこが高い?買取価格はどのくらい?

エルメスの食器買取はどこがいいのか?買取価格はどのくらい?

エルメスは、1837年にティエリ・エルメスがパリに高級馬具工房を開業したことが始まりです。

 

その後、自動車産業の躍進、馬車文化の衰退といった時代背景に伴い、上質な皮革を使用したかばんや財布などを作り出す皮革製品事業に転身しました。

 

そして、今では世界に名を残す有名ブランドとなりました。

 

エルメスと言えばバーキンやケリーなどのバッグやお財布、スカーフ、アクセサリーや時計などが人気で日本でも知名度の高いブランドですが食器も取り扱っています。

 

エルメスが、テーブルウエアに進出したのが1984年ですが、食器に関しては30年程の歴史になっています。

 

エルメスの得意とする「エレガンス」が磁器の上で繰り広げられていて、多彩で個性豊かなデザインのシリーズが揃っています。

 

遊び心や楽しさをデザインを生かしたスタイルは世界中から広く愛されています。

 

エルメスの食器について

エルメスといえばオレンジボックスと連想できるほどオレンジ色の印象が強いですが元々は薄いベージュ色だったそうです。

 

第二次世界大戦で物資が不足するようになり、残っていたオレンジ色の紙を代用したことが始まりだと言われています。

 

今では、世界中に親しまれるブランドカラーとなっていて、特に世界中のセレブから熱い支持を受けています。

 

エルメスの食器シリーズは数多くあります。エルメスの食器シリーズの中でも代表作は、蓮の葉が描かれた「ナイル」赤が特徴的な幾何学模様のパターンの「ガダルキヴィール」

 

イエローとグリーンが特徴の動物シリーズの「アフリカ」同じく動物シリーズでブラウン調の「アフリカ ブラウン」

 

ブラジルに棲息する野鳥トゥカンをモチーフにした「トゥカン」アクセサリーがモチーフの「シェーヌダンクル」などが人気シリーズになっています。

 

その他「シェーヌダンクル」「アーリーアメリカ」「シエスタ」「サーカス」「アトラージュ」「エーゲ」「エーゲ サン」「オルキデ」「ガダルキヴィールゴールド」「ガダルキヴィールノアール」「ガダルキヴィールプラチナ」「シェーヌダンクルプラチナ」

 

「シェーヌダンクルブルー」「シエスタ」「シエスタアイランド」「シュヴァルドリアン」「タムタム」「ナイル プラチナ」「パッチワーク」「ピエールドリアン エ ドクシダン」「ピタゴラス」「フィルダルジャン」「ブルーダイユール」「メゾンアンシャンテ」

 

「ラリー24」「リズムグリーンプラチナ」「リズムレッドプラチナ」「リズムブループラチナ」など相当数のシリーズが存在しています。。

 

長方形皿、マグカップ、ティーカップ、ソーサーをはじめとして、プレート類など充実のラインナップが揃っています。

 

その中でもプレゼントとしてよく選ばれているペアソーサーやペアグラスは人気ランキング上位となっており、買取需要も高いです。

 

エルメスはバッグや財布などの定番アイテムのほかにも香水やネックレス、ブレスレットなどのジュエリー、家具までと様々な商品展開されていて、どれもそれぞれエルメスらしさが出ているので世界中にファンがいるブランドとなっています。

エルメスの食器買取価格はどのくらい?

さて、そんな日本だけでなく世界に人気ブランドとして根付いているエルメスの食器ですが、買取価格はどのくらいなのでしょうか。

 

一部ではありますがエルメスの食器の買取相場をまとめてみました。

【商品名】

【買取価格】

エルメス ナイル ティーセット

50,000円

ガダルキヴィール  アメリカンディナープレート

トゥカン カップ&ソーサー 2客セット

7,000円

シエスタ&シエスタアイランド カップ&ソーサー

18,000円

ピヴォワンヌ  21.5cmプレート 5枚セット

18,000円

エルメス 魚柄 アッシュトレイ

4,000円

アフリカグリーン&ブラウン カップ&ソーサー

6,000円

シェーヌダンクルブルー/カップ&ソーサー2客セット

4,000円

※ここで紹介している買取価格は日々変動しているのであくまで参考価格になります。

 

エルメスの食器シリーズの中でもナイルは柔らかな色使いが人気なので高価格が期待できるシリーズになっています。

 

ナイルに描かれているのは水辺に浮かぶ蓮の葉ですが、食器の他にも香水などでも蓮の葉のナイルが揃っています。

 

食器では珍しい燃えるような赤色が特徴的なガダルキヴィールも他のブランドには、なかなかないデザインなので人気が高いシリーズになっています。

 

ガダルキヴィールシリーズは、裏面刻印部分に携わる職人さんを表すマークが入っています。

 

♪やΣ、チェリーなど数種類あり、そのマークで収集しているコレクターもいるので、高価格で取り引きされているものやゾウ、キリン、チーターなど様々な動物が描かれているアフリカシリーズもデザイン性の高さから人気のシリーズになっています。

 

特にバンナの夕焼け時をイメージしたアフリカブラウンはシリーズの中でも人気があり買取店でも需要が高くなっています。

 

ブラジルに棲息する野鳥トゥカンをモチーフにしたシリーズのトゥカンもエルメスの人気シリーズのひとつなので高価格が期待できます。

 

フランス語で東洋の馬の意味する、シュヴァルドリアンは金彩がふんだんに施され食器なので買取価格も高価格になっています。

 

ただ、金彩はくすみやすいので劣化していると買取価格は若干下がってしまう場合もあります。

 

その他、アクセサリーをモチーフにしたシェーヌダンクルシリーズも人気の高いシリーズになっています。

 

洗練されたデザイン性の高さと品質の高さかでも、他の食器ブランドに劣ることのないエルメスの食器は買取店でも需要があるので全体的にも高価格が期待できるブランドになっています。

 

そのため、中古でも十分需要があり高価買取が期待できます。

 

中古の食器を買い取ってもらう際に汚れやほこりなどが付いていたら、綺麗にしておくのも査定額アップのポイントになります。

 

もちろん、新品ならより高額が臨めます。

 

セットものなら、セットが全て揃っていているもの、箱に入っているものになると買取金額もアップしてくれる買取店もあります。

 

食器も年々劣化してしまうので、持て余してしまっているエルメスの食器がある方は、価値が下がらないうちに早めに売ることをおすすめしますよ。

 

エルメスの食器買取なら無店舗型がオススメ

エルメスの食器を少しでも高価格で売ろうと思ったら買取店選びも重要になってきます。

 

全国展開している大手のリサイクルショップなどでもブランド食器などを買取していますがあまり高価格は臨めません。

 

リサイクルショップは、買取ジャンルが幅広い分、何でも買い取ってもらえて便利なのですが、逆に言えば得意としている分野がないので専門店と比べてしまうとどうしても安く買い取られてしまう傾向があります。

 

特にブランド品になると専門知識が必要ですが、リサイクルショップでは知識豊富な店員さんが必ずいるとは限らないので少しでも高価格で売りたいと思う方はリサイクルショップなどで売る方法はおすすめは出来ません。

 

その他にも、ヤフオクなどのオークションを利用して売る方法もありますよね。

 

オークションなら自分の好きな価格を設定できるので売りたい値段で売ることが出来ます。

 

エルメスの食器は人気なので中古でも欲しい人はたくさんいるので出品すれば売れる可能性もあります。

 

ただ、オークションなどは個人同士のやり取りなので、慣れていないと行き違いによるトラブルが起こってしまったり、クレームが来てしまったりするので、初心者向きではありません。

 

なので、普段から使い慣れていて、どうしてもこの値段で売りたいって方はオークションを利用してみてもいいと思います。

 

オークションを利用して出品する方法も良いですが、もっと簡単に手軽に食器を買い取ってもらう方法もあります。

 

それがネットの宅配買取です。

 

宅配買取を利用すればわざわざ店舗まで行く必要もなく、オークションに出す手間もなく送るだけで買い取ってもらえます。

 

宅配買取の中でも特におすすめなのが、実店舗を持たない「無店舗型の買取店」です。

 

実店舗を持っている買取店になると、どうしても家賃や人件費などの維持費が毎月必ず掛かってきますが、実店舗を持たない無店舗型の買取店ではそういった維持費が掛からないのでその分大幅にコストカットをしています、

 

そのためコストカットをすることで買取価格に反映できるようになっているので実店舗ではなかなか難しかった高価買取も出来るようになっています。

 

また、ネットならではの販売経路を持っているので、リサイクルショップなどでは断られてしまうような使用済みの食器なども買取可能になっています。

 

いくら高額で買い取ってもらえても送料や振込手数料でペイなのでは?と思う方もいると思いますが、ほとんどの業者で送料は無料となっています。

 

ダンボールなど送るときの梱包材料がなくても無料でもらえるので、一切負担はありませんよ。

 

ウェブから24時間受付しているので忙しくて買取店に行っている暇がない方にもおすすめです。

 

貰ったまま使わないエルメスの食器がある方は高価買取が期待できる無店舗型の買取店を利用して買い取ってもらってはいかがですか?

 

⇒ 食器高価買取の7つのポイント