アラビアの食器買取はどこがいい?買取価格はどのくらい? 

アラビアの食器買取はどこがいい?買取価格はどのくらい?

アラビアは1873年に誕生したフィンランドを代表するキッチン&テーブルウエアブランドです。

 

世界的な食器ブランドとして140年以上も高い評価を受け続けています。

 

アラビアの食器と言えば、パラティッシや24hなど現行品で比較的に手に入りやすいものから高値のついたヴィンテージ品まで数多くの名作シリーズが生み出されていて世界中で愛され続けていますよね。

 

アラビアと言えば北欧食器になりますが、日本で北欧が流行りだしたのが2000年代後半頃になります。

 

そんな今大人気のアラビア食器ですが、あまり使う機会がなくてしまってある方や、集めすぎてしまったので

 

いらない食器を処分したいと思っている方に向けて、ここではアラビア食器をどこで買い取ってもらうのが良いのかなどを紹介しています。

 

使っていないアラビアの食器は、そのまましまって置いてはもったいないのでぜひ参考にしてください。

 

アラビアの買取価格はどのくらい?

アラビアの買取相場を何点かまとめてみました。

【商品名】

【買取価格】

アラビア ムーミンプレート 6枚セット

34,000円

アラビア アネモネ マグカップ&ソーサー 6客セット

14,000円

カイピアイネン パラティッシ 花プレート

35,000円

※ここで紹介している買取価格は日々変動しているのであくまで参考価格になります。

 

アラビア食器と言えば北欧の人気キャラクータームーミンが描かれたムーミンシリーズが有名です。

 

ムーミンシリーズの中でもムーミンマグなどは特に人気で買取価格も高くなっています。

 

このムーミンシリーズは新作も沢山出ていますが、その分廃盤品もたくさんあり、状態や付属品の有り無しなどでも変わってきますが、中にはムーミンマグ1個で10万円以上のプレミアが付いているものもあります。

 

パラティッシのマグカップ&ソーサーのセットやプレートもアラビアの代表作になっています。

 

アラビアの中でも人気の高いロングセラー商品なので需要は常に高くなっています。

 

鮮やかで高級感あふれるコバルトブルーが印象的なバレンシアシリーズは2003年に廃盤してしまったため

 

現在手に入れることが難しくなってしまったので中古でも需要が高くなっています。

 

アラビア食器買取なら福ちゃんがオススメ!

北欧ブームの今、アラビア食器は人気が高くなっているのでしっかり売れます。

 

ただ食器の場合は、ほとんどの買取店で新品未使用の物しか買い取ってもらえないことが多いです。

 

リサイクルショップなども食器の買取をしている店舗も数多くありますが、リサイクルショップになると買取基準がより厳しくなってきて箱や付属品が揃っていなかったりするだけでも買取不可な場合が多いです。

 

料理などしていると食器にもこだわっている方もたくさんいると思いますが、ついつい買いすぎてしまって食器棚に入らないから使わない食器処分したい。

 

でもブランド物の良いものはそのまま捨てるのはもったいないのでどうしようと悩みますよね。

 

そんな時におすすめなのが食器の取り扱いもある宅配買取の福ちゃんです。

 

福ちゃんでは、他店ではなかなか買い取ってもらえない使用済みの食器でも買取可能です。

 

箱なしやセットの不揃い、使用感があったり、キズがあってもアラビアの食器なら関係なく買い取ってもらえますよ。

 

その他にも、引き出物やプレゼントで貰ったけど好みの食器ではなくしまいっぱなしになっている食器などある方などにもおすすめです。

 

福ちゃんでは、ブランド食器以外にもノーブランドの食器も一緒に買い取ってもらえますよ。

 

いらない食器が増えすぎてしまって処分に困っていた方などは、福ちゃんで買い取ってもらうことをおすすめします。

 

宅配買取なので送料も梱包材料も無料、ダンボールに詰めて送るだけの手軽さですよ。

 

アラビア食器について

アラビア食器の特徴と言えば、シンプルでありながらモダンで機能性とデザイン性そして品質の高さが富んでいます。

 

アラビア食器の人気シリーズは上記で話したようにムーミンシリーズになりますが、その他にもたくさんシリーズは存在しています。

 

ブラックとパープルの2色展開をしている「パラティッシ」や24時間どんなシーンでも使える食器をコンセプトにした「24h」。

 

その他にもルノ、ルスカ、ココ、バレンシア、アネモネ、フローラなどなどたくさんのシリーズが発表されています。

 

2006年に映画かもめ食堂でもアラビアの24hのブルーのプレートが使われていたことも有名です。

 

この映画かもめ食堂が北欧ブームをさらに加速させ、劇中で使われた24hアベックは人気が高まり廃番になっていましたが復刻しています。

 

アラビアの食器は洋食はもちろん、和食を盛り付けても違和感がないこともあり、日本でも好評を得るひとつの理由となっています。